QT/mode

大熊マナミの個人ブログです。

メニュー

衣替えに、ティム・ガンのオーガナイズが参考になる!

この記事は約2分9秒で読めます

元ライフオーガナイザーのマナミです。もう衣替えは終わっているでしょうか? もしかして、クローゼットの奥深くに、まだ冬服が残っていたりしませんか? 買い足したほうがいいアイテムはありませんか? 自分の服、全部把握できていますか? 

来週末の連休、お出かけの予定がなければ、ぜひ、クローゼットの整理と、ショッピングをしてはいかがでしょう。もちろん、クローゼットの整理のほうが先!

クローゼットを整理するのに、「ティム・ガンのファッション・チェック」という番組がヒントになります。これは、ファッションに難のある女性たちが、ティムとスーパーモデル、ヴェロニカのアドバイスに従って自ら洋服を選び、一週間でセンスアップするという番組。その中で、一番最初の作業は、STEP1:クローゼットの整理なのです。この整理の仕方は、ライフオーガナイザーの講座で習った通りのものでした。

第二話で、「ヴェロニカとわたしの持論では、ワードローブには基本的なアイテムが10あればいい」とティムは言い、「クローゼットの中身を一度、全部出すから、それを4種類に分けてみて。とっておくもの、直すもの」、ベロニカが後を続けて「寄付するもの、誰にも手を触れさせられないほどヒドイもの(捨てるもの)」と説明。

このアドバイスのように、ものを整理するときは、まず全部出して、全てを分類することが大事なのです。全ての服について、残らず判断を下すこと。そうすることで、持ち物を把握することができるからです。

洋服を仕舞うのは、すべてを分類し終わった後。

人気ドラマ「glee」でミスタ・シュースターがニューヨークへ行くときに、エマが一枚一枚彼のベストを取り出して、箱のなかに入れて分類していたのも、同じですね。ダンボールにはGOING WITH YOU(持っていくもの)STORAGE(保管)GIVING AWAY(寄付)と書いてありました。そして、そんなエマに、ミスタはYou are…so organized.(君は……整理上手だね)だって!

話を戻して、ベーシックな10のアイテムは以下。

  1. ベーシックな黒のワンピース
  2. トレンチコート
  3. クラシックなドレスパンツ(フロントにポケットがない・裾はシングル)
  4. スカート
  5. ブレザー
  6. クラシックな白いシャツ
  7. ワンピース
  8. カシミアのセーター
  9. ジーンズ
  10. リラックス・ウェア(洗練されているもの)

第二話でのヴェロニカのアドバイス、「パンツは一つ上と下のサイズも試着してみて」ふむふむ。指定された(10のアイテムの)中で何を選ぶかは自由。ただし、試着して綺麗に見えないものはだめ、着回しの効かないものもだめ(ちなみに、ティムはレギンスだけはダメだそう。そんな毛嫌いしなくても……。)。

実際に着られていた洋服は、放映時から時間が経っていて、すでに流行の過ぎてしまったものもありますが、上記10アイテムは定番のものばかりなので、わたしも揃えておきたいです。

いいな、とおもったのは、ブティックでドレスの試着をしたときに、店内を必ず歩かせること。たしかに、ドレスを着てマネキンのように立っているだけ、というシチュエーションはありえず、必ず歩く姿も誰かに見られることになります。だから、できれば試着時に、裾の動き方だとか、着ている人の歩き方に服が合っているかどうかもチェックしたほうがいいようです。

「ティム・ガンのファッション・チェック」「glee」ともに、huluで試聴しました。

関連記事

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

ABOUT

主にレビューを中心に、生活全般やかわいいものについて取り扱っています。

食べるのが好きなので、グルメレビューも。

スポンサードリンク