QT/mode

大熊マナミの個人ブログです。

メニュー

ニッポンセレクト.comで、日本を元気に!

この記事は約2分14秒で読めます

エスカレーターから連続二回転落しました、マナミです。後厄です。サングラスかけててよかったわ……。そんなわたくしですが、「【地域の特産物応援プロジェクト第1弾】地域の特産物を体験しよう! ニッポンセレクトブロガーイベント」に参加しました! ニッポンセレクトというネット通販サービスについて、お話を伺ってきました。

ネットが使えない!

情報化社会とはいえ、地方で農作物や加工食品を作っているおじいちゃんおばあちゃんは、ネットが使えなかったり、使えたとしても、ネット通販に乗り出すところまで行かないという現実があるようです。そこで、そんなおじいちゃんたちが所属する全国の商工会に声を掛け、つくられたのが地方の商品をネットで販売するニッポンセレクト.com。

取り扱い商品のブランドストーリー

今回ひとつ、象徴的なブランドストーリーをお話いただきました。杜仲茶のお話です。名前こそ聞いたことがあったものの、知らなかったのですが、杜仲茶というのは杜仲(という木)の葉を使った健康茶だそうです。

歴史と地理を鑑みればわかる通り、かつて、瀬戸内、広島県因島は造船業が盛んでした。しかし、高度経済成長後、1987年に地域の造船会社が事業内容を造船業から杜仲の栽培にシフト。これがうまくいき、日本の最初の杜仲茶ブームが来たとのこと。しかしながら、造船会社が杜仲茶生産から撤退、飲料メーカーに事業を売却したため、原料は安価な中国産杜仲が輸入され、地元の杜仲は使われなくなってしまったとのこと。

しかし、最近、中小企業の若い社長さんが、因島全島の杜仲をすべて買い取り、「因島杜仲茶」として、島の特産品として販売しはじめた。この因島杜仲茶がうまく行けば、さらに地域を広げ、瀬戸内全体の特産物として杜仲茶を生産販売していきたいそう。それが、ニッポンセレクトで購入することができる商品です。

この地域では、蜜柑のような柑橘類の栽培も盛んでしたが、高齢化のため、重い果実を収穫し、運ぶことのできる働き手が少なくなってきました。しかし、杜仲は葉っぱなので、お年寄りでもまだまだ栽培することができる。労働人口の減少を押さえることができる。そして、その日本産の杜仲茶をわれわれ消費者が購入することで、地方の活性化につながるのです。

日本を、元気に。

他のネット通販サイトでは購入できない物もある。そして何よりも、生産者と密接に結びついた、日本中のそれぞれの地域の商工会から、特産品や工芸品などが集められてくる。まだ食べたことのない物、珍しいものがニッポンセレクトで見つかるのだと思うと、ちょっとわくわくしませんか? そして、そこで何かを購入するという行動が、日本を元気にする。素敵ですね。

というわけで、因島杜仲茶のブランドストーリーは、ニッポンセレクトのイメージ伝えるのに、とても象徴的だと感じました。

試食・試食・試飲。

イベントで楽しかったのは、なんといっても試食タイム。
nipponselect2
上記カレー4種類と、お漬物、海苔、ケーキ類。お茶にフルーツ酢などをいただきました。どれも美味しかったです。

なかでも、わたしの一番のお気に入りはマルベリーグミ。
nipponselect3
アルミケースなので、かばんの中に入れておけるし、ちょっとしたプレゼントにもいい価格帯。
マルベリーグミ

甘酸っぱくておいしかったー……けど、どこの製品なのかしら……。せっかくなので、ページ上で生産地域がわかるともっといいな、と思います。

【地域の特産物応援プロジェクト第1弾】地域の特産物を体験しよう!ニッポンセレクトブロガーイベント
【主催】 ニッポンセレクト.com
【運営】アジャイルメディア・ネットワーク株式会社

関連記事

  1. アイビー茜のルナモンスター占い

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

ABOUT

主にレビューを中心に、生活全般やかわいいものについて取り扱っています。

食べるのが好きなので、グルメレビューも。

スポンサードリンク