QT/mode

大熊マナミの個人ブログです。

メニュー

武蔵小山|ボニート・ボニート「正油あらびきらーめん880円」で一日満腹

この記事は約2分3秒で読めます

最近、ラーメンを食べるようになりました。武蔵小山の「ボニート・ボニート」というラーメン屋さんに連れて行ってもらったので、ご紹介したいと思います。

ちょっと古いラーメン屋さん

武蔵小山駅の駅前を(車道が走っていて、信号で回り道をしなくてはいけないのですが)まっすぐ行ったところにあるお店、ボニート・ボニート。店名のボニートは「かつお」の意味で、かつお出汁のラーメンをサーブ。

お店の作りは古め。カウンター席のみの店内で待てるのは5人ほど、それ以外は外で待つというルールがあるようです。あとでわかったことですが、ボリューム満点で食べるのに時間がかかるため、お客さんが食べ終わるのを待つのに少し時間がかかります。余裕を持って行かれることをおすすめします。

正油あらびきらーめん

わたしは食券機左上の一番人気、「正油あらびきらーめん」を注文しました。麺は180gとのこと。これが多いか少ないか、実はよくわからないくらいラーメンに疎いのですが、麺を持ち上げるときに重く感じたので、とても多いように感じました。

bonito3

コシのある麺には、かつおの風味がぎゅっと浸透していて、スープを飲まなくてもどんどん箸が進む味。

トッピングは厚めのわかめ、たけのこのメンマ2片、豚の角煮もかくやという分厚さのチャーシュー2枚にネギ少々、そしてかいわれ大根です。

bonito4

メンマは噛むとシャクシャクと繊維がほぐれ、たけのこの煮物のよう。しかも、とびきり美味しい竹の子です。かつおに負けず、びっくりするほどいい香りがします。わかめも磯臭さがなく、とても上品な味わい。

しかし、特筆すべきは厚いチャーシュー! これが、お箸で切れるほどやわらかい(1枚は。後述しますが、2枚目はそうでもなかった……)。噛み切るときに、肉の旨味がじわっと口内に広がって、豚の角煮を食べているかのような気分に。一口食べたら、甘い脂で唇がコーティングされてしまいました。それでも、ダシがしっかりしているせいか、豚の脂で消えることなく、麺の味は変わらず美味しい。チャーシューではなく、角煮のスライスなのかしら?

bonito2

ラーメンを食べ進めると、今度は唇がざらざらしはじめました。「あらびきらーめん」の「あらびき」が、「かつお節のあらびき」であることに気づきます(というか、お友達が教えてくれました)。つまり、唇に当たるこの粒は、かつおの出し殻のようなのです。砕いたかつお節だからこそ、これほどかつおの風味が出るのか、と納得しました。

麺の多さに飽きてきたら、かいわれ大根を食べると、さわやかな苦味が口の中をリセットしてくれて、再び残っている麺に箸が伸びました。食べても食べてもなくならないと思っていた麺でしたが、結局完食。

チャーシュー2枚はそれぞれ出来が違ったのか、この日は写真で見て上に乗っている方がとろっとろ。下に見える、ピンクの方はすこしパサついていて、最後に残った時に飲み込むのが大変でした。

bonito1

食べたのは12時前だったのに、この日は夕ごはんを食べる気にならないくらい、満腹感が続いていました。不思議なもので、胸焼けしたとか、胃もたれしたというわけではなく、純粋に、腹持ちが良かった。

うーん。美味しかった。ごちそうさまでした!

お店の情報

関連ランキング:ラーメン | 武蔵小山駅西小山駅

関連記事

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

ABOUT

主にレビューを中心に、生活全般やかわいいものについて取り扱っています。

食べるのが好きなので、グルメレビューも。

スポンサードリンク