QT/mode

大熊マナミの個人ブログです。

メニュー

ぺんてる「らくがき」カフェ&バーは、楽しい時間を夢中で過ごせるお店

この記事は約2分38秒で読めます

大熊マナミです。6月2日オープンの期間限定ぺんてる「らくがき」カフェ&バーのイベントにご招待頂きました! なんと、店内(布製品以外)どこにでも落書きできるという、大胆なコンセプトのバーであります。当日の様子や気になるお料理についてレポートします。

壁、柱、窓、床がキャンバス

場所は銀座の交差点付近の新築ビル。改装する前に落書きをしていい、というならともかく、新しい店舗に落書きしていいという太っ腹(?)なお店は、実は日比谷バー。バーなのにパスポート(スタンプカード)があったり、イベント時に利用するとオリジナルカクテルを作ってくれるという、素敵なバーで、過去何度か利用したことがります。お料理の味も、もちろんカクテルのお味も保証済み。

エレベーターでNOCOビルの最上階まであがれば、「らくがき」カフェ&バーの世界です。エレベータ正面のガラスケースには、「ぺんてるのオフィス?」と思ってしまうような、筆記具のディスプレイが。「あ、このペン使ってる」とか「クレヨン懐かしい」とか、様々な思いが去来します。ガラスの嵌めこまれたおしゃれなドアを入れば、バーとはいえ、明るい照明の店舗。オープン前のイベントでしたが、すでにあらゆるところに落書きがほどこされていて、早くも落書きモードに。好きなところに好きな大きさで好きなモノを(公序良俗に反しない限りで)描けるわけです。そんな機会、子供のときだってなかった! 大興奮です。

rakugaki1
カウンターにはコップとこぼれた牛乳。

rakugaki2
床にはワールドカップを意識したブラジルの国旗が。

rakugaki3
高級感のある壁の埋め込み柱には、冠をかぶったブタの絵。KING OF BOO!

開催期間中、4日間のみお願いできるフェイスペイントをしてもらい、準備完了。ぺんてるのクレヨンやマジックが各席に用意してあるので、ぺんてる社の方々のプレゼンを聞いて、即落書き開始です。

2014-05-26-22-20-49_deco

かわいい蝶のペイントをしていただき、ごきげんです。

床にうずくまって、夢中でカバの足あとと大きなカバを描いていたら、いろいろな方に褒めていただき、楽しい気分は最高潮に。壁に描いた蔦柄に、「コラボしていいですか?」と聞かれて、他のブロガーさんが絵を書き足してくださったり。

ライブペイントのような緊張感はなく、楽しんで描いたものにコメントをいただくのがこんなに嬉しいことだとは思いませんでした。ちょっとでもいいな、と思ったら、そこをコメントしてあげると他のお客さんとの会話が弾みそうです。

オリジナルメニューの遊び感

落書きし放題というのは一番の魅力ではありますが、カフェ&バーというからには、カクテルやお料理も楽しみたい。そんな期待に見事に答えてくれるメニューが用意されていました!

rakugaki5

メニューブックには銀座の歴史やカクテルについてのコラムが載っていて、読み物としても楽しめました。

rakugaki4
「粗挽きビーフのハンバーグ」一見カラフルだが、食べてみるとオーソドックスなデミグラスソースで、食べやすい。サイズ的にも重たくないので、頼みやすい。マティーニと合わせて頼みたい。

rakugaki8
「蜂蜜レモンスリング」ぺんてるのロゴマークが印象的なカクテル。銀座のはちみつが使われており、さわやかな甘味を楽しめる。ちなみに、この日は「P」のロゴが一味唐辛子で描かれていたため、舐めると激辛。グラス上部の青い縁取りは、ソーダ味で甘い。わたしは大人げないので全部舐め取りました……。大変失礼いたしました。

rakugaki6
「フレンチフライポテト パレットSTYLE(550円)」様々なソースが味わえる、欲張りな逸品。見た目もカラフルでかわいい。

rakugaki9
飲み物の値段も、銀座という立地を考えれば、とても良心的。

あっという間の2時間

描いて、飲んで、食べて。話して笑って、あっという間の2時間でした。せっかくですから、落書きしたほうが楽しいとは思いますが、人が落書きしているのを眺めつつ、お酒を飲むのも楽しいと思います。

期間は7月27日まで。日常に刺激がほしい方、ストレスがたまっている方にも、「らくがきカフェ&バー」、オススメです。

新しい体験型BAR「GINZA RAKUGAKI Café & Bar by Pentel」2014年6月2日OPEN!! | 日比谷Bar

[space]

他の方のレポートはこちらから

関連記事

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

ABOUT

主にレビューを中心に、生活全般やかわいいものについて取り扱っています。

食べるのが好きなので、グルメレビューも。

スポンサードリンク