QT/mode

大熊マナミの個人ブログです。

メニュー

Xperia Z2 Tablet|東京と茨城でのテレビ視聴をレポート

この記事は約3分5秒で読めます

ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社さんから「Xperia(TM) Z2 Tablet」をお借りしています。今回はテレビ視聴に関しての感想です。

「リビングを持ち歩く」

テレビ視聴機能に対する自信

以前「Xperia Z2 Tablet|「Xperia(TM) Z2 Tabletタッチ&トライ」に参加」という記事で、「Xperia Z2 Tabletは、ソニーが提供するリビングルーム」だという話があったことを書きました。リビングにある家電といえば、テレビをイメージすることが多いと思います。Z2 Tabは確かにテレビ機能が充実していました。フルセグ・ワンセグ対応、そして有線でのテレビ視聴。満足度の観点からレビューします。

フルセグ

都内(渋谷)では★☆☆、茨城では☆☆☆
のっけから辛口になったいますが、渋谷区のマンション(かなり堅牢な鉄筋マンション。いろんな間取りがあるなか、わたしの住んでいる部屋に関しては、狭いわりに柱の面積が大きいため、鉄筋の箱状態になっていると思われます。)、フルセグはたまにしか入らない状態でした。すぐにワンセグに切り替わってしまうという……。また、茨城の実家(周りになにもない)ではまったくフルセグが入らず。そもそも電波が入りやすいかどうか、という立地や部屋の作りに左右されるようなので、一概には言えないと思いますが、少なくともわたしの行動範囲でフルセグ視聴は難しいな、という印象です。

ワンセグ

都内(渋谷)では★★☆、茨城では★☆☆
都内では、音が途切れたり画面が止まったりすることはあまりありませんでしたが、チャンネルを変えて、表示されるまでが少し遅い。また、画像はそれほど綺麗ではないので、なんとなく見る分にはいいかな、という感じ。しかし、荒いというだけで、細かいテロップを読む必要がなければ、十分テレビを楽しめると思いました。茨城は、ときどき音と画像がストップする、という感じです。また、チャンネル切り替え後に表示されるまで、十数秒待つ感じでした。Ustreamを見ている感じに近いかな……。

z2-tab_one

上掲の写真は、茨城でのワンセグ視聴時のもの。「予想」の文字が崩れ気味。これよりも小さい文字は読みにくいかもしれません。画質を問わなければ、ものの形はわかるし、それほど気にしなくても良いのかもしれません。

有線|microUSB変換ケーブル(付属品)

都内(渋谷)★★★、茨城★★★
壁から有線でつなぐというのは非常に新しいのですが、普通のテレビと同じだということを考えると、ある意味古いのかな……と、不思議な体験でした。でも、このmicroUSB変換ケーブル(付属品)オプションは大正解。

文句なく素晴らしい映りでした。テレビです。下敷きのようなテレビです。(テレビ入力端子のケーブルがながければ)膝の上でも見ることができるので、ヨーローッパの街歩き番組が大好きなわたしにとって、Z2 tabでの有線テレビ視聴は、大変ステキな体験でした。町並みの、レンガや石畳まで微細に見ることができます。通りを歩く人々の顔も。普通のテレビと全く変わらないのに、それを自分の手元で、間近で見ることができるのです。普通のテレビのように、ある程度離れて観るのと、手元で観るのとでは、集中の仕方が異なるので、より一層テレビの世界に引き込まれる感じがしました。

まとめ

テレビ視聴のために持っていてもいい端末

わたしのようにテレビを持っていない、ネット中心の一人暮らしの方は多いのではないかと思っています。それほどテレビを観る頻度が高くなくても、Z2 Tabがあればいざというときにテレビを観ることができるので、ワールドカップやオリンピック、24時間テレビや歌謡祭など、イベント的な番組だけが観たいときに、とっても便利です。また、台風情報やニュースをたまに観たいという時にも場所を取らずに使える分、普通のテレビを買うよりもいいな、と感じました。

しかも、簡単に録画もできる。レコーダーがいらない(microSDカードは必要ですが)。家で有線でつないでいるときにテレビ録画をし、家の外で番組を観る、というスタイルも可能。そうすれば、いつでもどこでも、好きな番組を高画質で試聴することができます。

ユーザーにとって、テレビ視聴はオプション的な位置づけだとしても、あるのとないのとでは大違いだな、と、Z2 Tabを返却した後に実感しています。たった1ヶ月で、Z2 Tabがないとちょっと不便だと感じてしまうくらい、良い端末でした。わたしが今タブレットを買うなら、選ぶのは絶対にXperia Z2 Tabletです。

[info]
「『Xperia(TM)』アンバサダー・プログラム」モニター企画
【主催】ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社
【運営】Xperia(TM)アンバサダー・プログラム運営事務局
    (アジャイルメディア・ネットワーク株式会社)[/info]

他のブロガーさんの記事はこちらから

イベントレポートZ2 Tablet|Xperia™アンバサダーサロン|ソニーモバイルコミュニケーションズ

[space]

関連記事

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

ABOUT

主にレビューを中心に、生活全般やかわいいものについて取り扱っています。

食べるのが好きなので、グルメレビューも。

スポンサードリンク