QT/mode

大熊マナミの個人ブログです。

メニュー

WQHDディスプレイがすごかった!

この記事は約1分43秒で読めます

大熊マナミです。ARROWS NX F-02Gを富士通さんより提供していただき、レビューしています。今回は、高精細ディスプレイについてレビューしようと思ったのですが、わかりやすく比較ができないので、感じたことをありのままに話すぜ……。(ジャン=ピエール・ポルナレフ的に。)

YouTubeで綺麗な動画を楽しむ

端末やmicroSDカード上の動画はWQHDで見ることができます。もとから入っているWQHDのサンプル動画を見れば、どれくらいキレイなのかわかります。ちなみに、WQHDは2K相当。最近YouTubeでも見ることのできる4K動画をそのままの画質でみることはできないようです。おまけに、アプリの問題なのか、WQHDどころか、一番高画質の設定でも720pでしか再生できません。それでもキレイですけど。ちょっと残念。

それにしても、数年前とは隔世の感があるYouTube。綺麗な動画を探そうと思えば、すぐに見つかります。BGMならぬ、BGV(バックグラウンド・ヴィジュアル)として、わたしがよく眺めている動画がこちら。

まずは、ハフポなどで取り上げられて一時話題になった、軍艦島を空撮した動画。

ドバイは観光誘致動画が豊富で、楽しい。いつか行こう。

タイムラプスで4K。でも、720pで観ている……。

謎のPV。マトリックスのところが、楽しそう。

720pで比べた場合、普通にMBAで観てもきれいなのですが、ARROWS NX F-02Gで観る方が、ぱきっとキレイで没入感があります。色味が深い。

映されたすべてが主役級

WQHDの感想としては、語彙が貧困なので上手く言い表せないのですが――例えば、立体感がすごいです。

「旅する鈴木×ARROWS」より

「旅する鈴木×ARROWS」より

ディスプレイにドットを感じない。色の濃淡の表現力がぐっと広がっている気がする。自然とグラデーションになっている部分で、段差(?)を感じない。映像の中の奥行きを、一層感じる……といったことに気が付きました。(感じる/感じないと書いている通り、主観でしかありません。)

「旅する鈴木×ARROWS」より。神々しい……。

「旅する鈴木×ARROWS」より。神々しい……。

あまりにもきれいなので、映像の中で、どの部分を観ていても楽しめる。意図的に背景をぼかしてあるのでなければ、たとえば風が吹いていて、遠くで揺れている葉っぱの様子が事細かにわかったりするので、映像のどこに注目していいのかわからなくなります。映されたすべてが主役級……は、言い過ぎかもしれませんが、すごい存在感です。ディスプレイは平面だけど、世界は立体なんだなあ……とか、あたりまえのことに驚いたりしています。

レビューというか、ぼんやりとした感想でしたが、WQHDディスプレイすごいです。

レビュー概要

タイトル ケータイ会議
ARROWS NX F-02G
主催 富士通株式会社

関連記事

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

ABOUT

主にレビューを中心に、生活全般やかわいいものについて取り扱っています。

食べるのが好きなので、グルメレビューも。

スポンサードリンク