QT/mode

大熊マナミの個人ブログです。

メニュー

乙女座は整理整頓の季節!? 空間も気持ちも計画も、きっちり整えよう。

この記事は約2分41秒で読めます

おはようございます。大熊マナミです。12星座占いは、ひとの性格を表すものだと思っていました。でも、月の占い師・アイビー茜さんによると、12星座のそれぞれの期間にも、特徴があるようです。

乙女座の季節には、乙女座の特徴がある

アイビーさんのブログによれば、今日から始まる乙女座の期間は「整理整頓」「理路整然とした物言い」などを表すそう。ということで、乙女座の季節は、お片付けや計画の整理に適しているみたい。

アイビー茜 公式ブログ – 8/23、本日から1ヶ月は【整理整頓こそ正義!】を肝に銘じてみて #乙女座 #12星座 – Powered by LINE

と、いうわけで、本日はここ数ヶ月間荒れ気味だったお部屋の整理整頓を始めたり、2015年の計画を改めて見なおして、修正すべきところは修正し、やりたいことを見直したいと思います。

お片付け、の、その前に

お片付けが不得意なひと、それほどでもないけど時々部屋が散らかるひと、片付かない原因はひとそれぞれです。まず、片付ける前(もしくは片付けながら)どうして片付かないのか考えてみると良いのではないかと。

わたしの場合、ストレスが溜まると判断力が鈍くなります。すると、買い物に失敗するのです。不必要な物を買ってしまったり、サイズや色などを吟味せずに買ってしまい、使えなかったり、気に入らなかったり。結局別のものを買い直すことに。それで、無駄にものが増えていきます。

また、いろんなことが面倒になってしまって、使ったものを戻す習慣もなくなり、水回りの掃除と洗濯以外の家事が疎かに。結果、部屋が荒れていくのでした。ということで、部屋の様子はわたしにとって、ストレスのバロメーター。だいたいこういう時に限って、体重も増えていて、着ようと思った服が入らず、着替えなおして服が散乱したり……。

ストレスでアトピーも再発しちゃったりと、いいことが全然ない!

お片付けの前にストレス発散しておくべし、ということで、土曜日は好きなように食べ、好きなだけ惰眠を貪ったところ、ストレス解消できたみたい。かなり片付けが進んでいます。(いま、休憩しながらこの記事を書いています。)

さて。みなさんはいかがでしょう?

そもそもお片付けが苦手なひとは、「使ったものを元に戻す」「ものが使いやすい場所にあるか考える」、そして「いらないものは捨てる」というような、ちょっとしたことからはじめて、それを習慣にする練習をすると良いのでは、と思っています。

たとえば。
1.朝起きたらベッドメイキングする(ベッドは面積が広いので、ここがすっきりしていると、お部屋がそこそこ片付いて見える)
2.ごみの日が決まっていなくても、曜日を決めてゴミ捨て場へ(とにかく長時間ゴミを置いておかない)
3.寝る前に、デスクやテーブルを片付ける(食事や作業する場所をリセットしておくと、次の日スムーズ行動できます)
4.水回りは使ったら・汚れたら都度掃除(衛生上、優先順位高めで)
といったことがオススメ。

習慣付けは「●●したら」「●●しながら」と言う風に、すでに習慣になっていることにプラスアルファしていくと、馴染みやすいとよく聞きます。習慣付けの計画を立てるのも、乙女座の季節に合っていますね。

2015年の総まとめ、の計画

アイビーさんの記事を読み、「新年に立てた2015年の目標を見なおして、地に足の着いた計画になるよう修正しよう」と思ったのですが、わたし、そもそも新年にちゃんと目標を立てていませんでした。毎月なんとなく、「ダイエットする」とか「規則正しい生活を送る」とか、手帳の月間カレンダーページに書いているのですが、ほとんど達成できていません。修正どころではなかった……。

ぼんやり考えてみたのは、次のこと。計画は、乙女座期間を使ってじっくり立てたいと思います。

環境を整える
 自分を取り巻く環境がとても大事だということをつくづく実感しているので、身をおく場所、一緒に過ごすひと、時間の使い方に気をつけたい。とくに、わたしにとってひとは重要。自分に本気で向き合ってくれるひとと一緒にいたい。
技術を学ぶ
 去年からずっと作りたいものがあって、なかなか手を付けられずにいます。必要な要素はわかっているので、実現するための技術を学ぼうと思っています。
健康管理
 健康、大事。

ということで、乙女座月間も有意義にすごしましょう。

関連記事

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

ABOUT

主にレビューを中心に、生活全般やかわいいものについて取り扱っています。

食べるのが好きなので、グルメレビューも。

スポンサードリンク