QT/mode

大熊マナミの個人ブログです。

メニュー

オンラインで法人のゆうちょ口座から給与を支払うには?

この記事は約1分45秒で読めます

大熊マナミです。ゆうちょ銀行、どこにでもあって便利ですよね。

ということで、1000万円以下の支払いに使う銀行口座として、ゆうちょ銀行を使ってみたいなあと思い、2014年に有限会社の法人口座を開きました。

法人がゆうちょ銀行口座を開設する方法

普通のゆうちょダイレクトと同じように、法人の場合も簡単にオンラインバンキングができるようになるのですが、給与振込にも使えるのかドウか、調べてみました。

給与の振り込みはインターネット伝送で

元々使っていた地方銀行では、オンラインバンキングに「一括伝送」という項目がありました。そこで、従業員に対する給与の振込を依頼すると、振り込まれた通帳には、会社名と金額、そして「給与」と印字されていたのですが……ゆうちょではちゃんと「給与」扱いになるのかしら?

ということで調べたところ、該当するのは給与預入というサービス名であることがわかりました。

給与預入-ゆうちょ銀行

預入って言うんだ! 知らなかった! 自分の無知さを恥じつつ、オンラインで実行すべく、電話で問い合わせてみました。

インターネット伝送での給与預入、新規申し込みの条件

さて、オンラインで給与預入をするサービス、申込のためには条件がありました。

  • 件数は100件以上
  • 法人の振替用口座を開設
  • 誰にいくら振り込むか、というデータをインターネット伝送するためのネット環境

まあ、ネット環境はありますが、100人も従業員、いないしな……。ということで、諦めました。

ちなみに、ゆうちょ銀行、1000万円が預金上限額なのに、100人分の給与を支払うのは無理があるのでは、と思った方。わたしもそう思っていましたが、振替口座は限度額がないんですって!

ゆうちょ銀行の貯金は、一法人につき以下の金額(預入限度額)までお預けになれます。

貯金口座(通常貯金、定額貯金、定期貯金等)= 合わせて1,000万円まで。
振替貯金口座 = 預入限度額はありません。
法人口座を開設されるお客さまへ-ゆうちょ銀行

法人口座を開設されるお客さまへ-ゆうちょ銀行

給与振込のための代替案

窓口に行って給与預入票に記入して、毎回給与預入をお願いする方法もあります。こちら、預入にかかる料金が無料なのが嬉しいですね。

給与預入-ゆうちょ銀行

どうしてもオンラインで給与預入したい! という時は、オンラインバンキングでの振り込み時、メモ欄に「キュウヨ」と書けばよいそうです。1月につき5件までは無料、6件目以降は手数料がかかるそう。従業員や役員が5名以下で、受取人が各銀行の「給与振込特典」を利用していない場合であれば、これでもいいのかなあ……。

普通に窓口に行った方が良さそうですね。

関連記事

  1. アイビー茜のルナモンスター占い

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。