QT/mode

大熊マナミの個人ブログです。

メニュー

伊勢神宮の鬼門、朝熊岳金剛證寺へ #みえ旅

この記事は約2分40秒で読めます

おれいゆまなみです。みえ旅初日、鳥羽駅からタクシーに乗り込み、朝熊岳金剛證寺へ向かいます。

伊勢志摩スカイラインの朝熊山展望台へ

mie001

鳥羽とわれわれのメインの目的地である伊勢神宮(内宮)とをつなぐ伊勢志摩スカイラインは、朝熊山を縦走する観光道路。通行料金は1,250円。車で行くか、タクシーで行くか……という場所なので、電車での旅行ではなかなか行きにくい場所かと思いますが、景色もスカイライン内から行くことのできる金剛證寺も素敵な場所なので、ぜひ観に行っていただきたいです。

mie2_11

標高500mの位置にある朝熊山展望台が、みえ旅東京発着コース最初の立ち寄りスポットです。足湯もあるので、のんびり景色伊勢の景色を眺めながら、足を休ませることができます。

mie2_12

足湯は大人100円、こども50円。タオルは売店で買うこともできます。昔あったレストランは潰れてしまい、売店だけになってしまったのだそう。

足湯をしながら、パノラマで景色を一望できます。この日は曇り空でしたが、寒くもなく、ちょうどいい気温で気持ちが良かったです。

ライブカメラで朝熊山展望台の今を見てみよう!

なんと、朝熊山展望台にはライブカメラが設置されていて、24時間様子を観ることができます。(とはいえ、夜間は遠くに明かりが見えるくらいなので、ぜひ日中に観てみてくださいね。

伊勢~鳥羽を結ぶドライブウェイ!伊勢志摩スカイライン山頂ライブカメラ

内宮の鬼門を守る朝熊岳金剛證寺

朝熊山展望台の次は、朝熊岳金剛證寺へ。こちらは伊勢神宮の鬼門を守るお寺。

昔より伊勢神宮の鬼門を守る寺として、神宮の奥之院ともいわれ「お伊勢参らば朝熊をかけよ、朝熊かけねば片参り」と伊勢音頭の俗謡にも唄われ、参宮する人々は当寺に参詣するのが常

(参照:伊勢神宮の鬼門を守る寺 パワースポット 朝熊岳金剛證寺

つまり、伊勢参りへ行って朝熊山へ行かなければ、片手落ちだと言われるくらい、大事な場所みたいです。ちなみに、わたしの遠い先祖に、つづらに小判をいっぱい詰めて伊勢参りに行ったものの、生きて帰ってこなかった人がいるそうなので、わたしが代わりに、しっかりと伊勢参りをするつもりでした。(実際は外宮に行けなかったので、結局片手落ちですが……)

コースには書かれていなかったので、ツアーの中ではとむとわたししか行かなかったのですが、この金剛證寺の右奥の坂を登ると、「奥之院」があります。

mie2_1

供養のための塔婆がずらっと並んで、背の高い壁が並んでいます。こういう場所は、高野山に一箇所あるくらいで、日本にはほとんどない、とタクシーの運転手さんが教えてくれました。

mie2_w

この極楽門をくぐると、別世界が広がっていました。

mie2_3

左側にお地蔵様。その奥にはあの世とこの世をつないでいるんじゃないかと思うような、不思議な道が。

mie2_4

mie2_5

mie2_6

時間がなかったので、入口のあたりから写真を撮っただけですが、奥の方に目を向けると、吸い込まれそうな、周囲の音が消えるような、不思議な雰囲気のする場所でした。

そして、通常は下から階段を上がって行くはずの朝熊岳金剛證寺(あさまだけ・こんごうしょうじ)。わたしたちは、上から坂を降りて向かいました。

mie2_7

重要文化財の本堂。茅葺きの、美しいお寺です。徳川家の葵の紋があちこちに。

そして、お堂を守るのは、虎と牛。狛犬ではないんですね。

mie2_8

mie2_9

階段の下には、太鼓橋のある池も。池には、蓮の花が咲くそうです。

mie2_10

金剛證寺と奥之院は、本当に素敵な場所でした。ここは、機会があるならぜひ足を運んで欲しいです。また行きたい!

ちなみに、奥之院に塔婆を立てて供養するのは、「岳参り」というそう。

金剛證寺と奥の院【伊勢市】 山岳信仰のお寺で周遊ハイキング – 食べてぼやいて今日も熟睡

こちらのブログに詳しいです。

本記事に関する表示

「もっとみえ旅が楽しくなる 伊勢志摩体験 モニターツアー」抽選に申込み、三重県みえ旅ブラッシュアップ事業による助成を受けたツアーに参加しています。旅費の一部を自己負担しています。
詳細:もっと「みえ旅」が楽しくなる モニターツアー | 伊勢志摩・熊野古道をもっと楽しもう|現地体験ツアーならVISIT三重県

関連記事

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。