QT/mode

大熊マナミの個人ブログです。

メニュー

150cm台のセレブをファッション・メンターにしよう

この記事は約1分34秒で読めます

おれいゆまなみです。4月1日から、ファッションの本を読んでいます。今日は、『150cm台セレブのファッション・ルール』(宝島社)を読み、自分に近い体型のセレブをファッション・メンターにしようと思っています。

『150cm台セレブのファッション・ルール』には、30人の150cm台セレブの身長チャートが載っており、まずこれを眺めてびっくりします。レディ・ガガが155cm、カイリー・ミノーグが152cm、ニッキー・ミナージュやヴァネッサ・ハジェンズが157cm……いやはや。白人は顔が小さいイメージですが、150cm台セレブの頭身を数え見たところ、平均すると7頭身くらいのようです。(写真の角度によっては、頭が大きく写りすぎているものもあるので、そういう写真は省きました。)8頭身や9頭身のモデルのような着こなしは難しくとも、7頭身の着こなしなら参考にしやすい。

この本の構成としては、まずは12のスタイリング・ルール、セレブに学ぶマストアイテムの着こなし、小物使い、シチェーション別コーデとスタイル別のスタイリング術……と、盛りだくさんです。この中でもっとも使いやすかったのはスタイリング・ルール。

気に入ったスタイリングのセレブの写真が、このルールのどれに該当するのかを確かめていくと、具体的な適用方法がわかります。そこから、自分のもっているアイテムのコーディネートや、次のお買い物用リストにアイテムを追加したり……。

例えば

左)『150cm台セレブのファッション・ルール』右)ケイト・ベッキンセールの切り抜き

左)『150cm台セレブのファッション・ルール』右)ケイト・ベッキンセールの切り抜き

自分が好きなスタイリング、という理由で切り抜いてあったケイト・ベッキンセールのコーディネート。「150cm台セレブのファッション・ルール」では、カイリー・ミノーグが同様の格好をしています。ここでのポイントは、ストールを軽い素材にすることだとわかります。重心を上に置き過ぎないようにすることが大事なのですね。

左)『150cm台セレブのファッション・ルール』右)ベサニー・ヒッチの切り抜き

左)『150cm台セレブのファッション・ルール』右)ベサニー・ヒッチの切り抜き

そして、いいなあ、と思って切り抜いていたベサニー・ヒッチのモノトーンストライプのワイドパンツ。ほとんど同じものをヴァネッサ・ハジェンズが着ています。ストライプのパンツは、縦の線を強調するので、足を長く見せる効果があります。トップスが厚手の生地のトップスの場合は、短めにすることでさらに脚長効果を狙えるようです。おそらく、ベサニー・ヒッチのVネックノースリーブも、トップスをインしているので、同様の効果が出ますね。

という感じで、自分の好きなスタイルと、本のルールを突き合わせることで、かなり実践的なコーディネートができるようになります。『150cmセレブのファッション・ルール』、覚えておいて損はない。

関連記事

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

ABOUT

主にレビューを中心に、生活全般やかわいいものについて取り扱っています。

食べるのが好きなので、グルメレビューも。

スポンサードリンク