QT/mode

大熊マナミの個人ブログです。

メニュー

アロマディフューザー「ROSY RINGS ラベンダー・タンジェリン」

この記事は約57秒で読めます

まっくらなひとり暮らしの家に帰って、ほっとするのは、自分の家の香りをかいだとき。なので、玄関のディフューザーにはこだわっている。いくつかのブランドの様々な香りを試してみて、一番しっくりきたのがROSY RINGSのラベンダー・タンジェリンだった。芳香期間は6〜9ヶ月。2016年も下半期になったので、3つ目のラベンダー・タンジェリンを使いはじめることにした。

右側が新年に使い始めたもの。すこしずつ蒸発している

右側が新年に使い始めたもの。すこしずつ蒸発している

ROSY RINGSはアロマキャンドルやボタニカルディフューザーを手作りしているメーカー。ボタニカルディフューザーのボトルのなかに、天然の草花やスパイスを、ひとつひとつ手作業で詰め込んでいるそう。ボトルの口はかなり小さいのに、華やかオレンジ色の花がオイルの中にきれいに収まっていて、仕事の丁寧さがうかがえる。インテリアとしても見目が美しいのことは、とても大事だ。

ROSY RINGS | ロージーリングス日本オフィシャルサイト

とはいえ、甘くて爽やかな、この香り。ラベンダー・タンジェリンのディフューザーだけでなく、キャンドルやサシェも購入するくらい、この香りが気に入っている。しばらくは、この香りを楽しんでいたい。

クローゼットにはサシェを

クローゼットにはサシェを

自分の過ごす空間に、ほっとして気持ちがすこし浮かび上がるような香りがあることで、人生がゆたかになったような気がする。

定番の香りを持っておくことはもちろんオススメだし、部屋の香りを変えて心機一転したい場合には、いままでと違うものに挑戦するのもいい。インテリアと同様、香りにこだわる生活は、悪くない。

関連記事

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

ABOUT

主にレビューを中心に、生活全般やかわいいものについて取り扱っています。

食べるのが好きなので、グルメレビューも。

スポンサードリンク