QT/mode

大熊マナミの個人ブログです。

メニュー

旅を気軽でお得にする #スカイスキャナー #メタサーチ

この記事は約5分6秒で読めます

「複数の検索エンジンを横断的に検索し、条件にあった内容順に素早く比較検索結果を一覧で表示してくれる検索システム」、メタサーチを特徴とするスカイスキャナー(skyscanner)のイベントに参加しました。

スカイスキャナーはこんな会社

スカイスキャナーとは、横断的に各航空会社や旅行会社の料金比較をしてくれる検索システムの会社。スコットランドのエディンバラでスタートした企業で、今では30言語70通貨に対応、世界中に1200社以上のパートナーがいて、50%のリピートユーザーを持っているそう。

ガレス・ウィリアムズ CEO

ガレス・ウィリアムズ CEO

10代から旅行に興味を持っていたCEOガレス・ウィリアムズ氏は、マンチェスター大学を卒業してから、兄弟のいるフランスに度々旅行していたそう。そのときに感じた、旅行会社や航空会社の料金を比較することの煩わしさを解決するための、一括検索サービスを思いつきます。

2001年に試作サイトを公開すると、1年で数千人ものユーザーが使ってくれたそう。2003年にはスカイスキャナーを正式に発足することになったそうです。

サービス内容は、比較検索=メタサーチ。航空券・ホテル・レンタカーを一括で検索します。日本ではYahoo!JAPANの航空券検索もスカイスキャナーのサーチエンジンを使っているため、実は、知らないうちにスカイスキャナーにお世話になっているひとも多いかもしれません。

スカイスキャナーのメタサーチの利点

  1. 一度に複数の検索結果を取得し、並び替えや絞込のソート機能も充実しているため、旅行の計画やチケット予約等の時間を短縮することができる
  2. 世界中のパートナー企業のデータを比較できる
  3. 在庫を抱えていないため、プロモーションをする必要がなく、いっさい情報操作をしていない!
  4. 登録しておくと、メールとスマホの通知で価格変動をお知らせしてくれる

スカイスキャナーはブラウザでもアプリでも使える、航空券・ホテル・レンタカーのサーチエンジン。

複数検索や、豊富な検索結果はユーザーが検索サイトに求める要件。そして検索結果の情報操作はレストラン検索サービスで大問題になっていますが、ユーザー目線に立てば、検索結果の中に広告商品が混ざっていないことは、かなり重要です。たとば、Instagramを検索につかっている若い子たちは、Instagramを使う理由として「広告がないこと」をあげているそうです。操作されていない、生のデータが欲しいというユーザーの願望に答える検索サービスなんですね。

そして、価格変動をお知らせしてくれるアラートも便利です。レートの様子見をしてチケットの予約を控えたまま、忘れてしまうということがないので、とても便利。さっそく登録してみたところ、メールとスマホの通知でお知らせがありました。

iPhoneに通知が!

iPhoneに通知が!

メールも届いていました。

メールも届いていました。

また、イベントで特に強調されていたスカイスキャナーの大きな強みがパートナーの多さ。1200社とのアライアンスは、日本国内だけでサービスを提供している会社では、カバーできないような数だそう。

さらに、システムもまた大きな利点。旅行サイトのメタサーチサイトはたくさんありますが、パートナーの価格データを直接取得するシステムがあるため、リアルタイムで各会社の金額を照会することができます。データを検索するごとに逐次取得するため、表示速度はちょっと遅くなってしまうそうです。

ちなみに、スカイスキャナーの日本向けサービスを展開しているのが、スカイスキャナー・ジャパン。スカイスキャナー出資の日本企業ということで、日本ユーザーファーストで製品を開発しているそう。グローバルのサービスはたくさん存在しますが、スカイスキャナー・ジャパンは、日本のユーザー目線で最高のプロダクトを作っていくという意気込みを持っているため、スカイスキャナーへのフィードバックには必ず目を通しているのだそう。日本の企業ということなので、ユーザーにとっては問い合わせのハードルが低いのも嬉しいです。

ユーザーが教える、スカイスキャナーの使い方

さて、スカイスキャナーを使って旅行をしているという、ユーザー代表 倉田真由美さんに、スカイスキャナーのオススメの使い方を教わりました。

オススメは「すべての場所」検索と複数都市検索

「すべての場所」検索は、旅行に行きたい日程と予算が決まっていて、目的地を決めていないような場合に便利な検索方法。その日程で行くことのできる場所をオトクな順にサジェストしてくれる、コンシェルジェのような機能です。

img_6220

たとえば、出発地を「東京」目的地を「すべての地域」、人数を入れて検索すると、成田か羽田からその日程で行ける地域の一覧が出てきます。お盆休みやお正月休みなど、予定が決まっているときに、穴場のスポットへお得に旅行することができます。

img_6221

続いては、複数都市検索機能。ヨーロッパを周遊するときなどに役立ちます。たとえば、5日間くらいのお休みの間に、イタリアのドロミテ渓谷に行きたいし、ベルリンの友達にも会いたい。ロンドンのロイヤル・バレエの公演も観たいし、帰りに香港に行って美味しいものを食べたい……なんていう、わがままな希望もすべて叶えてくれます。

複数都市検索のラジオボタンをチェックすると、行き先を複数入力することができます。とはいえ、ポイントはたくさん入れすぎないこと。シンプルに、メジャーな都市だけを3,4箇所入力するのがうまく検索結果を取得するポイント。

日付を入れて、まずは一番最初に行きたいミラノを入力します。それから、ヨーロッパ内は陸路移動がいいので、ベルリン、ロンドンまでは陸路なので、ここは検索を省きます。そのため、ロンドンから香港、香港から東京の予定を入れて検索します。

検索結果の選び方にもポイントが。香港から東京の便を見てみると、一番上に香港ベースのキャセイパシフィック航空が表示されます。デフォルトで値段順で表示されるため、上位のデータはだいたい金額が一緒です。そのため、乗り継ぎ回数や出発・到着時間、飛行時間などを好みの条件で、絞り込んでソートします。

東京からミラノは乗り継ぎ時間が発生するので、その時間が短いものを選んだり、香港から東京は深夜午前1時の便と午後3時の便があるので、午後の便を選ぶ、といったことができます。

この方法で、始めていく場所や、治安の悪い場所に行く場合は、比較的安全な日中に到着する便を選ぶことができるので、安心して旅行を楽しむことができそうです。

行き帰りをチェック。行きが羽田空港、帰りが成田空港と、行き帰りの空港が別になる場合は、赤く強調されるため、間違いが起こりにくいというのがスカイスキャナーの親切なところ。

それぞれの便を選ぶと、次のページで取り扱っている旅行代理店が表示されるため、安いものを選んだり、自分の使っているカード会社のポイントがつく会社を選ぶこともできます。代理店がない場合は、直接航空会社へのリンクが出ることもあるそうです。

都合の良い予約先を選ぶことができる

都合の良い予約先を選ぶことができる

こうして、旅行の予定をスムースに立てることができて、さらにホテルやレンタカーの予約を追加していくことができます。

スカイスキャナーの「旅行情報とニュース」

スカイスキャナーのサイトのコンテンツ、「旅行情報とニュース」はオトクな情報が乗っているページ。旅先の情報が多いものの、パッキングのコツや機内で使える便利なアイテムの紹介などもあり、旅にまつわる情報が満載です。ときどきキャンペーン情報もあるそうなので、こまめにチェックしたいところ。

ちなみに、更新情報は火曜日に届くニュースレターでも知ることができます。

旅行情報とニュース | 旅行検索サイトSkyscanner

旅行にまつわる「めんどくさい」を解消してくれるスカイスキャナー

旅行は大好きですが、便を選んだりホテルを探したり、という手間がかかるのは、ちょっとめんどう。それに、旅好きとしては、行きたいところがたくさんありすぎて、旅先を選ぶのも悩ましい。そんなときに、スカイスキャナーを使えば旅先も決めやすいし、種々の予約にも手間がかからない。イベントをキッカケとして、便利なサービスを知ることができて、とってもよかった。10月と11月の国内旅行先は、スカイスキャナーを使って予約しようと思います。

格安航空券検索Skyscanner | スカイスキャナーで航空券検索比較

関連記事

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。