QT/mode

大熊マナミの個人ブログです。

メニュー

【PR】失恋したら、競馬に行こう #UMAJOカフェ #福島競馬場

この記事は約5分44秒で読めます

先日、福島競馬場のUMAJOカフェにご招待いただきました。お友達ブロガーのぷーこさんstarmix(スタミ)ちゃんと一緒に、人生ではじめての競馬を体験することができました。取材とはいえとても楽しかったです。

これは個人的な考えですが、失恋には競馬が効くのではないかと思ったので、わたしが失恋したと仮定して、福島競馬場の様子とUMAJOスペースの様子をお伝えしようと思います。

仮に、失恋したわたしは福島競馬場にたどり着きました。外装がブラウンのきれいな建物で、とにかく大きい。いまからここに入るのかと思うと、傷心しているとはいえ、ちょっとわくわくするような外観。

ぐるりと見渡してみると、壁面の大看板前に、誰かが立っています。

IMG_6927

umajo1

う、馬ーーーーーーー!?!?!? だ、だれなの……!? (注:いっしょに取材へ行ったぷーこさんです)

“ウマダム”
あら、あなた見ない顔ね。
福島競馬場ははじめて?
“筆者”
は、はい!? はい……? 
“ウマダム”
それなら、あたくしが案内してあげるわ。
あたくしのことは、ウマダムと呼んでちょうだい
“筆者”
馬……マダム?

“ウマダム”
さあ、行くわよ。
ちなみに、福島競馬場の入場料はなんと、たった100円なの。
たった100円で、備え付けサーバーのお茶や水だけなら飲み放題、トイレも使い放題だし、自由席ベンチも座り放題。お得でしょ? 

なに? あなた、冴えない顔してるわね。
え? 失恋した? 
あらあ。その年齢で失恋だなんて、かわいそうに。今回は特別に招待してあげるわ。感謝するのよ


(注:実際にはUMAJOカフェの取材でご招待いただいています)



そういうわけで、ウマダムに福島競馬場内を紹介していただくことになりました。

ウマダムとパドック

IMG_3273

“ウマダム”
競馬場の見どころのひとつは、パドックよ。
出走直前の競走馬たちを間近で見ることができるの
“筆者”
へえ。ファンサービスですか?
“ウマダム”
違うわよ。出走直前の様子を見て、どの馬に賭けるのかを決める大事な場所なのよ。
ほら、どんどん人が集まってきたでしょ?

IMG_1713

“筆者”
うわあ。ほんとだ。あっという間にひとだかりになった 
“ウマダム”
競走馬が走るコースと、お客さんがレースを観る場所、コースに面したスタンドと言われる建物が福島競馬場の主な施設なの。
スタンド内にあるこのパドックは、吹き抜けになっていて、ほら、5階までの各階から、パドックの出走馬たちを見ることができるのよ

IMG_1429

“筆者”
写真の撮影も自由なんですね 
“ウマダム”
ええ。でも、フラッシュ撮影は絶対に駄目。馬を刺激するようなことは、ダメ、絶対
“筆者”
なるほどー。馬ってデリケートなんですねえ

IMG_8813

[「ふむ。あの子、いいじゃない……」と、競馬新聞と出走馬を見比べるウマダムの様子]

ウマダムとコース

“ウマダム”
さあ、コースの方に行きましょ。

IMG_2212

“筆者”
あそこにも行っていいんですか?
馬券も買ってないし、入場料100円しか払ってないひともレースを見れちゃうんですか?
“ウマダム”
入場料を支払っていれば、レースは自由に見ることができるわ。

IMG_5804

“筆者”
へえ。なんか、オトクな感じがしますね。レース観戦料はいらないのか。
女の子もいっぱいいるし、家族連れも。

IMG_6661
[スタンド内には自由に飲めるお茶と水も]

“筆者”
コースの真ん中の芝生のところ、公園みたいになってる! 子供用の遊具もあるんですねえ。
“ウマダム”
ビールも飲めるのよ。
ふひひん。福島競馬場、いい場所でしょ?

IMG_5761

“筆者”
競馬はおじさんのものっていうイメージだったので、意外でした。
ほんというと、もっと場末感のある感じで、殺気立った場所なのかと……。
“ウマダム”
金額も100円から馬券を買うことができるから、アミューズセンターでゲームをするのとそこまで変わらないかもしれないわね。
もちろん、馬券が当たれば配当金があるから、れっきとしたギャンブルではあるんだけど。
儲けにくる場所ではなく、レジャー施設として使用しているお客さんもいると思うわ。

IMG_8291

[もちろん、予想があたると嬉しい!]

ウマダムとUMAJO SPOT

“ウマダム”
あなた、そろそろ疲れてない?
“筆者”
はっ。たしかに。まあ、失恋もしたし、人生にも疲れてます。(注:ウソです。)
あと、最近また太ったせいか、足も疲れました。そろそろ座りたいです。
“ウマダム”
ふひひんっ。いい場所があるの。
UMAJOカフェよ。
あなたも言っていたけど、まだまだ競馬場のイメージは、女性向きとはいいがたいでしょ? だからこそ、もっと女性に福島競馬場の楽しさをアピールしたくて、期間限定で女性のためのスペースを設けたのよ。 
“ウマダム”
ここよ!
男子禁制、女性だけのくつろぎの場所、UMAJOカフェ。

IMG_1033

“ウマダム”
好きな席に座っていいわ。
今日なら、リンゴジュースとレモンウォーター、それから紅茶類が飲み放題よ。一杯無料なのよ。
お菓子も2種300円で販売してるわ。ちょっと甘いものが欲しくなったときにいいわよ。

(2017.4.20 フリードリンクではなく、「1杯無料」とのことで、修正しています。)

IMG_7982

“ウマダム”
窓際にはキッズスペースもあるし、ゆったりとしたソファ席もあるわ。
馬券を買うためのマークシートに記入するなら、テーブル席が使いやすくてオススメよ。

福島競馬場のUMAJO SPOTは、スタンド3F北側、残りの期間は2017年4月22日、23日の9:00~16:00です。

“筆者”
なんだかファミレス風ですね。ファミレスって、いごこちよくて長居しちゃいますよね。
どっこらしょっと。はあー。やっぱり座ると楽だあ……。
リンゴジュースの甘みが五臓六腑に染み渡るぅ。

IMG_8480

“ウマダム”
ふひひん。よかったわね。

ところであなた、失恋したんですって?

IMG_9740

“筆者”
うっ……うっ……。

IMG_6325

“ウマダム”
ダメ、ヒューマン。
人間の男は35億人、牡馬だって、たくさんいるの!
ほら見て。ジョッキーだって競走馬だって、イケメン、イケウマがわんさかいるわ。
もちろん、美女美牝馬もいるわよ。昨今の競馬の世界、牝馬だけではなく、女性ジョッキーも活躍してるの。

IMG_8427

[筆者お気に入りのジョッキー。UMAJOカフェには、ジョッキー紹介のフルカラー冊子がおいてあります。必見!]

IMG_1245

[女の子ジョッキーも!]

“筆者”
ほへえ。
“ウマダム”
馬券でも買って、気分転換しなさいよ。
買い方は、あちこちにある初心者用パンフレットにも書いてあるし、UMAJOカフェのコンシェルジュに聞いてもいいわ。
なあに? 選び方? 気に入ったジョッキーやウマを選んでも良し、昔の男の誕生日で馬券を買っても良し。そこはアナタ次第よ 

IMG_2033

[「キャリアベストって、就活生の人気を集めそうだなあ」「でも、負けたら悲しいよね……」「お祈りメールがきちゃう」なんて話をしていたら、今回は負けてしまったキャリアベスト。馬番と馬の名前が結びついておらず、レース後まで買っていたことに気が付きませんでした……。]

そういうわけで、ウマダムに教えられて、福島競馬場で競馬を堪能たというか、実際は、関係者の方にしっかり教えていただき、初競馬を楽しみました。

馬券の買い方やUMAJOについてめっちゃ詳しくレポートしてくれているスタミちゃんの記事はこちら

【PR】福島競馬場のUMAJO SPOTを利用して人生初の競馬を満喫してきた! #UMAJO #UMAJOSPOT #競馬 #女子会 #福島 – スタミフィルタァ

本記事で大活躍しているウマダムことぷーこさんの、読んでいるだけで楽しくなっちゃう記事はこちら

【PR】UMAJO御一行福島競馬場へ! #UMAJO #馬女 #福島競馬場 -アタシの生活-

競馬は気分転換に最高だった

IMG_0477

競馬場は案内が充実していて、パンフレットを見ればだいたいのことがわかります。マークシートの記入方法から、券売機の使い方まで詳細に記されています。

IMG_6834

マークシートと筆記具はあらゆる場所にあるので、記入をしたら券売機へ。

IMG_9855

パドックで馬を見て、新聞やサイトで馬のオッズを眺め、過去の成績を調べたりして、マークシートを記入、券売機で馬券を購入して、コース前でレースを観戦……ということを繰り返していると、あっという間に楽しい時間が過ぎていきます

IMG_3422

[人見知りの筆者にも優しい券売機]

IMG_3195

パドックで「あの馬がかわいい」とか、「歩き方が面白い」なんて話し合ったり、その場でスマホから気になった馬の名前の由来を調べてみたりするのも面白い。

IMG_2909

[「毛並みの模様がかわいいっ!」という理由で推しメンならぬ、推し馬に決定]

儲けを狙っていなかったとしても、お金を賭けるので、馬券を買うとなれば、本気になるのが人のさが。馬券の買い方で悩むのも、競馬の醍醐味として楽しい。

IMG_4925

実際わたしは失恋していませんが、失恋のことなんか、思い出す余裕もないくらい楽しいのです。パドックやベンチ、コース前と次々に居場所を変えることや、観察したり考えたりすることで、頭の中がフル回転なので、悲しいことや辛かったことも、このときだけは忘れていられる。

もしかしたら。もしかしたら、競馬にハマっている人たちは、ギャンブルとしてではなく、この「競馬の楽しさで、悲しいことを忘れられる」魅力にハマっているのかもしれない、と想像したくらい。

馬券の購入にはマークシートを使用しますが、金額だけはしっかり確認しましょう。時間がなくて、勘で埋めたマークシート、100円にしたつもりが1000円になっていたことに気がついたのは、すべてのレースが終わった後でした。

IMG_9649

[「筆者ー! 一番下ー!」っていう馬券。]

すべての取材を終えた打ち上げのとき、その日、一日中パンツを裏返しに履いていたことに気づいたので、たぶん筆者は気づいたときには手遅れ、という残念なタイプです。

福島駅で2時間あるなら


競馬に興味のない向きにとっては、競馬場は少し遠い存在です。が、福島競馬場は、福島駅からタクシーで10分(おおまかな運賃は1,500円くらい)ほどの場所、バスなら福島駅東口のバスターミナルから約15分 (料金230円)。福島駅で2時間時間があったら、ふらっと行って遊べる距離です。

はじめて行っても楽しめる場所なので、ぜひ遊びに行ってみてくださいー。失恋中のガールズは特に!

さいごに。

繰り返しますが、







取材した内容は事実ですが、失恋の件はフィクションです。でも彼氏は募集中だよ!




カワイク タノシク ヨクブカク UMAJO


カワイク タノシク ヨクブカク UMAJO

関連記事

コメント

コメントをお待ちしております

HTMLタグはご利用いただけません。

ABOUT

主にレビューを中心に、生活全般やかわいいものについて取り扱っています。

食べるのが好きなので、グルメレビューも。

スポンサードリンク